カテゴリー
観光

北海道旅行 2022年7月13日(稚内→礼文→利尻)

5時前に起きて、6時前にフェリーターミナルに向かうべくチェックアウトした。フェリーはボレアース宗谷(稚内発~香深着 06:30~08:25)です。事前に予約をしていたので、予約は1等だけ、2等で充分で料金も倍するけど、今回は事前に予約しておきたかったので、1等にした。1等席はキャパシティーの10パーセント程度。。。ガラガラで良かった。2等は朝に自動販売機でチケットを買えば、それで大丈夫です。

ここから、レンタバイクをしたかったので、レンタカーも予約していない。しかも、当日は雨。。レンタカーは当日行くと、車が無い。。。バイクも無い。雨、どうすりゃいいんだと!!ハイヤーに頼むと、ダメだと言われ、後で大型のハイヤーが可能と言われたが1時間7000円だった。。

もう、礼文島に来て。フェリーターミナルで座っているしかない!!!と思ったけど。どうしようもないから路線バスで行けるところに行こうと、止まっているバスに乗ろうとする。行先は元地と書かれているが、それがどこかすらわからない!どこに行くのかもわからないけど、乗ろうとすると。バスの運転手さんが、「どこに行きたいの?」と聞いてくれた。私は「移動手段がなく。どこに行くのかわからないけど、どっかに行ける。このバスに乗りたい!」というと、私の持っているバスの時刻表を見て。「このシャトルバスに乗り、スコトン岬には10分くらいしか止まらないけど、それで行って帰ってきたら良い。」と教えてくれた。そして、「1日乗車券を買うと、その方が安い。」とまで教えてくれた。その教えに従って、シャトルバス香深フェリーターミナル9時25分発、スコトン岬10時13分着、スコトン岬10時28分発、香深フェリーターミナル11時16分着で、フェリーターミナルで止まっているバスで一日乗車券を買って、乗った!

昔、ミュンヘンで駅に行けないで迷った時、イタリアのバーリでフェリーのチケット売り場に行けなくて困った時、その時に周りの人に困っていると伝えると、どの人もちゃんと助けてくれる。ダメなのは向こうから笑顔で助けに来た時に助けてもらう事だ。それは必ず詐欺だ。いつも、こちらから一歩出て、こちらからお願いして、助けてくださいと頭を下げて真摯に頼むことだ。そうすれば、一般の人は真摯に助けてくれる。これは、きっと人生のコツなんだと、しっかりと理解できた。

もう一度言う、困った時に向こうから笑顔で助けに来た人に助けられてはいけない!!自分から周りの誰かにお願いして助けてもらうのだ。

そうすれば、詐欺にかからない。心が温まる思い出が生まれる。

11時16分にフェリーターミナルに戻ったので、少し早めのお昼ご飯にする。フェリーターミナルのお寿司屋さんで特上?だったかなの寿司セットを頼んだ。雲丹が乗っ取ります!

そして、かなり気分が良くなったので。13時15分の元地行のバスで桃岩と猫岩の見える桃台・猫台に行った。ここから見えるのが、有名な礼文島のある場所らしい。。若者はなんどもここに来るらしい。。。そこから歩いて、元地まで行き、暇なので軽くハンバーガーを食べたりして、バスが来たら帰った。。

いや、礼文はほんと何にもない。植物が好きな人が来る場所のようだ。何人かが、途中の高山植物園という場所で降りて行ったので、わかった。。植物に興味ないので、わかりませんけど。

そして、香深発~鴛泊着 16:30~17:15で利尻島へ、宿泊先の雲丹御殿さんが迎えに来てくれて、そのハイエースで15分程度行ってホテルにチェックインです。

さて、さて、この旅のメインかもしれない。利尻のバフンウニにご対面だ。ムラサキウニはどこでも見るけど、バフンウニはなかなか見ることができない。高級品だ。しかも、ウニを目の前に割ってくれて、それを食べる!!!なんと素晴らしいのだろう。

ほんと、ムラサキウニとバフンウニのマリアージュ!さすが雲丹御殿!! 楽しかったです。

最後に雲丹御殿さんから見える。夕日です。

そうそう、夕食の開始時にオーナーが3分くらい説明をしてくれますが。それが良かった。そんな夕食なんかなかなかない。オーナーが自ら、自分のホテルの料理を説明する!これは良い!と思った。

カテゴリー
観光

北海道旅行 2022年7月12日(札幌→旭川→稚内)

今日は電車の旅です。乗ってみたかった稚内までの電車、宗谷本線に挑戦です。宗谷1号でそのまま稚内まで行くのも良いのですが。それでは稚内で暇になるので、カムイ7号(札幌9時→旭川10時25分)で旭川まで行って、ランチを食べてから、サロベツ1号(旭川13時35分→稚内17時23分)で稚内に行くというコースにした。

どこでランチかと思ったが、六花亭が良いという事になり、六花亭 神楽岡店にチャレンジした。また、乗り換えの時間が短いので、かのうかどうか迷ったが、実際にはロッカーに荷物を入れて、もう一度ホームに行く時間があった。なかった場合はバスで移動を想定していた。そのから15分くらい歩いて、お店は開いているが、ランチまで30分ほど待った。。

帯広でも食べたけど、六花亭の喫茶ででるビーフシチューは美味しい。また、行きたい!

帰りはバスかと思ったけど、たまたまタイミングが合い。帰りも電車(富良野線)で旭川まで一駅乗った。

そして、少し旭川駅まで時間をつぶして。。と言っても、やることはない。。。時間になったので、サロベツ1号に乗車

さすがに空いているけど、4時間という時間長いと思ったけど、あっという間だった。特に音威子府から北のあたりは、川沿いの速度を下げるが。川に沿った崖を走るので楽しい。

次に今まで、車で稚内に来たことしかなかったので、入れなかった駅のホームに入れて、感動!なるほど、、、といってもたいしたことはない(笑) でも、やっぱり、やったかやってないかで違う、なんでもチャレンジして、良いか悪いか、自分に合うのか合わないのかを決めるべきだ。今回の件で、さらに電車の旅も好きになった。

サフィールホテル稚内にチェックインして夕ご飯だけど、いつもの岸壁沿いの海鮮屋に行こうと向かうが、貸し切りになっており入れない。近所のレストランに入ったが、、ここは・・・ ミラノ風カツレツを頼んだけど、ミラノで食べたミラノ風カツレツとえらい違いだ。。。この後、明日の準備としてフェリーターミナルを見て、帰った。。

カテゴリー
観光

北海道旅行 2022年7月11日(札幌)

2日目も札幌です。本日は札幌を少し観光しようと考えました。特に10年くらい前に行った大倉山のジャンプ台に行ってみたいと思いました。

まずは、朝ごはんは食べないで、地下鉄とバスに乗って大倉山ジャンプ台へ

10年くらい前に来たときは、メロンアイスだったけど、今回はバニラアイスだった。メロンアイスが強烈に残っていて、それが食べられなくて少しがっくりしたが。バニラも美味しかった。

次に、計画時から考えていたスープカレーの店に行った。「おくしばあちゃん」というお店だ。

スープカレーは、札幌駅で初めて食べたのが強烈だったが、それには及ばないけど。それなりによかった。

この後は、歩いて北海道神宮を参拝して、藻岩山に登るべくバスターミナルに移動した。途中に、夕方に行くオーベルジュドリル札幌の前を通過、ワクワクしますね。

藻岩山は、上るのに少し値段が高いので驚きました。1名2100円です。ここに来るならレストランに来るためで、しかも夜景の方がいいのかもしれませんね。それから、ここに来るには、市電の駅から無料のバスがあるみたいなので、普通はそれで来ると便利かなと思います。

この後は徒歩で市電まで移動して、市電にのって北海道庁まで行きました。博物館に行こうとしましたが、いまは旧道庁を修理中で見学はできないとのことです。

この後はいったん、ホテルに退却し、オーベルジュドリル札幌に行くべく。準備

そして、数か月ぶりに来ました。やっぱり、ここは楽しい。特にスペシャリテのペーシュエーベルランを追加しました。ゆえにデザートが3品となりました。(笑)

ワインは、今回はアルザスにしましたが。やっぱり、私は白より赤のほうが好きかな。アルザスのライチの感じも、少しならいいのですが。多くなるとちょっと困るかも。次回からはオーベルジュドリルでも、ブルゴーニュの赤にしよう!

この後、前回の時のカメリエーレさんが出てきて見送ってくれた。やっぱり、このクラスの料理は楽しいし、ほんと美味しい。。

地下鉄に乗って、すぐに帰るのもと思って。テレビ塔に上ってから帰った。。札幌は、帰りに寄ることになります。

カテゴリー
観光

北海道旅行 2022年7月10日(札幌)

今年も海外には行けませんので、北海道に行くことにしました。しかし、北海道も東は何度もいったので、行っていない西側に行くことにしました。特に稚内からフェリーに乗りたかったので、礼文島と利尻島に行くことにしました。

まずは札幌に入ります。14時10分関西空港から千歳行でピーチで行きます。飛行機は往復で1名分22,050円です。東京と京都間の新幹線より、北海道が安いですね。

千歳からバスも良いかと考えましたが。結局は電車を使いました。結果的には電車がおすすめだと思います。バスに乗るのは電車の駅まで非常に遠い所に住んでらっしゃる方が使うのが正しいと思います。JRの駅に近ければ、電車が楽で、値段も変わりません。

さて、今回のホテルはイビスです。中島公園の横で、ススキノからも近いです。少し広めで、使いやすかったです。選んだ理由はパリでも東京でもアコーグループを使う事が多いので、いつもの流れで予約しました。

そして、ディナーはひらまつのMINAMIさんです。いまは北海道庁が工事中でライトアップが無かったけど、あの場所からの眺めは、ほんと綺麗です。

MINIMIさんも、去年に引き続きなので2回目です。札幌にあるもう一つのオーベルジュドリル札幌とはフレンチの中では大局的な現代風なフレンチです。

私たちは、いつもアミューズから前菜あたりを見て、どれだけ工夫されているか。(どれだけ愛を感じるか)どれだけフランスか?(日本風フレンチでないか)が気になるのですが。ひらまつは日本風になってないので安心です。日本のフレンチの8割くらいは日本風のフレンチでがっくりするのですが。ひらまつは安心です。

私は帆立が良かったかな。やっぱり、北海道は猿払の帆立、利尻の雲丹などが思いつくので、帆立と雲丹が出るとテンション上がります。

ちなみに、ワインはジュヴレ=シャンベルタンにしました。ラベルはどこかで見たと思ったら、東京駅前のサンス・エ・サヴールで飲んだワインと同じ作り手だった。

札幌に行くと、円山公園前周辺にフレンチが沢山あるのですが。そちらに、いまだ到達できない状態です。。この後は、散歩してホテルに帰りました。

カテゴリー
観光

厚岸旅行2021年10月17日

今回は2泊3日なのであっという間に終わりです。会社の指定休日が15日にあり。それに土日と加えて3連休で厚岸に行ってみました。まずは、ピーチが安いことで成り立つ旅行です。そしてシーサイトインホテルあっけしさんと厚岸グルメパーク・コンキリエは最高です。

まずは。朝ごはんですね。これはホッケです。やっぱり関西で、このほっけを見ることはないと思いますが。さらっと朝ごはんに出るのがすごいですね。うーん、楽しい!

そして、9時前には準備して出発!厚岸の中側を少しドライブして、道道14号を少し北上して、太田地区まで行って門静駅方向にもどった。ここで失敗したのだけど仙鳳趾に行こうとして苫多海岸に入ってしまった。道が異常に細くて少し泣きそうになりました。車が対向から来たら大変でした。尾幌から曲がるのに、門静と勘違いしたのがミスでした。 仙鳳趾 へ行く道は良い道でした。

仙鳳趾 から海沿いに釧路に行くのも楽しそうです。私は別保からバイパスに入りました。

バイパスを走っていると、このままでは早すぎるのでイオン釧路に行ってみた。逆にバイパスにはいって損した動きになったけど、とりあえず暇つぶしに行ってみたが。。。特に何もない。でも、釧路の人は阿寒地区くらいまでも含めて、ここで買い物している気がする。空港の近くからイオン行のバスが走っている。イオン行きと書かれたバスが走っているのを見て、そう思った。

車を返す前にガソリンを入れるのだけど、出光 38号釧路SSに行って入れた。1710円なんで、15リットルも入らなかったと思う。実質、空港から霧多布までの一往復だからほとんど走ってないから、そんなものだと思う。

車を返して、飛行機が飛ぶまで最後に、ジンギスカンとトカップ赤があったので、こちらで締めとした。

そうそう、帰りの飛行機は海側にはいかないで帯広と襟裳の間を通って秋田方向に向かうんですね。行は海側から行くので面白いなっと思った。

もう少し寒い季節に行くのはどうなんだろうか?雪ってどうなんだろうか?釧路や女満別の1月とか2月にも挑戦してみたい。。気がする。

カテゴリー
観光

厚岸旅行2021年10月16日

朝ごはんは、いつも関西ではなかなか食べられない海の幸が出てくる。今日は最近見ないサンマだ。なんと楽しそうな。これだけで、このホテルに泊まる意味がある。釧路の近代的なビジネスホテルのビッフェ方式では、これはない。ここがこのホテルの肝でもある。素晴らしい!

次は、もう一つの目的である。グルメパークあっけしに行く前に時間があるので、暇つぶしにドライブをした。浜中町の方向に行ったが。どこに行ったらいいのかわからないので、Googleマップで飛び出てそうな岬を見つけていってみた。(笑) 飛び出ているかで選んでいる。。特に意味はない。

霧多布っというらしい、霧がっぷり何だろう!特に何もないけど。それなりに楽しかった。なにもないのが良いのだ!!

ホテルに11時ごろに帰って、12時に予約したグルメパーク厚岸に向かう。サツドラで肝臓のサプリを買って。厚岸の駅から攻め込んだ。予約を個人でするようなところではないので、一回の受付のお姉さんにお願いするシステムらしい。レストランの方に聞いたら、レストランではなく。事務所に予約してくれと言われた。申込書に記入したら、どの旅行会社かみたいな申込書だった。。。道の駅のレストランを予約する個人客は少ないのかも(笑) 会社名?に個人名を書いて2名で予約した!!!

オイスターバーピトレスク。pittoresqueというフランス語 絵の主題としてふさわしいというような意味らしい。ほんと、ここから見る厚岸は綺麗だ。そして、シャブリと牡蠣!最高だ!

私のおすすめはもちろん。牡蠣なんだけど。。かきえもんを食べてほしい。あれば金のかきえもん(大きいかきえもん)もおすすめだ。道の駅だけど、車に乗らずに厚岸にホテルを取って歩いて来るのが一番のおすすめ。道の駅に来るのにホテルを予約して飛行機で来るのは私くらいかもしれませんけど。シャブリも、ここのJ.Moreau & Filsは牡蠣にあう。国分グループのものだったと裏面を見て。少し昔の仕事を思いだした。

またまた、一本飲んでかなりいい感じになり。海事博物館に来た。無料で船のことを見られて大変楽しい。この後はホテルで温泉に入って、ゆっくりした。もちろん、夕食に備えているのだ!

夜は白に飽きたので、赤です。ブルゴーニュですね。シェフがなんとか少し気にしてくれて、赤にあうものを少し出してくれた。ありがとうございました。そもそも新鮮だし、美味しいので!赤を持ってい来る私が悪いのです。でも、赤でも白でもシーサイトインあっけしの料理はおいしい!

写真を撮り忘れている。。。いろいろと。。。でも、はじめのほうの少しは写真を撮っていたようだ。今日もありがとうございました。しかし、昼から一本飲んでいるので、あまり食べたり飲んだりできなかった。。年齢が年齢で、世界の縮小があるね。。

カテゴリー
観光

厚岸旅行2021年10月15日

北海道旅行というより、今回はエリアが小さくなった厚岸のみの旅行だ。もちろん、目的は牡蠣とシャブリの実践だ。さて、いつものPeachで関空から釧路へ 飛行機代は往復で14,000円と東京と大阪の新幹線代程度というのが驚きだ。

さて、釧路ではレンタカーだ。前回は綺麗な車に乗りたかったのでトヨタレンタカーにしたが、今回は乗る距離も少ないので一番安いタイムスにした。カーシェアの会員でもあり、手続きも簡単だ。48時間で8000円程度とガソリン代だ。こうなるとカーシェアより安い。

釧路についてホテルに行くまで、時間があるので道の駅しらぬか恋問へよった。私が釧路にきた何年か前にも、まずはここに来た。ちなみにバイパスに乗ったところに速度をチェックしているパトカーがいらっしゃって速度をチェックしていた。ここはどう考えても取り締まりの多いポイントで、速度は控えめがおすすめです。特に旅行者がいちびりやすい場所だと思う。ここでお昼ご飯として、スパカツを食べた。

この後、国道38号線と国道44号線で厚岸に向かう。

今回で、かつ今年2回目の「シーサイドインホテルあっけし。前回は少しびっくりした点もあったけど、今回は慣れてしまって住みやすかった。1ヶ月くらい住めるんじゃないかと思ってしまう。(笑)

58歳手前の私には少し量が多い、前回で限界を超えるのを知っていたので、今回はグレードをわざと落としてカニなしにしたが、それでも限界になった。。年を取るって、その点が悲しい。でも、十分に牡蠣を食べられたので、よかった。このホテルの料理はほんと美味しいし新鮮だ。シェフも楽しい人だ。

今回のシャブリは、こちら!もう少し酸っぱいのもが牡蠣には合うと思う。次はレモン感あふれるものを選ぶとする。

カテゴリー
観光

北海道旅行 2021年7月27日

最終日、オーセントホテルの朝だ。

ここの朝ごはんが素晴らしい。私は洋食だったけど。和食のお粥が、バターを入れたりするらしく。それがすごく面白そうだった。細かく地元の食材にこだわっている事が感じられ。そこが素晴らしいと感じた。このあたりの細かさが心から重要だと思う。

チェックアウトし、空港に向かう。少し早かったけど、特に行くところもないので、空港に行って。少し時間をつぶして早めの昼ご飯だ。最後の最後に松尾ジンギスカンを食べた。メロンアイスも食べた。これで北海道を十分満喫した。そうそう、空港にある温泉にも入りたかた。

この前に車を返却した。1週間で6万円程度だったと思う。最新のヤリスは良かった。低速域が少しもたつくが、逆に高速域は非常にいい感じだ。北海道ではちょうどよい気がする。

最後に家に帰ってからのワインを掲示。池田と余市のワインを並べておく。

カテゴリー
観光

北海道旅行 2021年7月26日

第一滝本館の朝は、もちろん起きたら、即!お風呂だ。そして、次は朝ごはんだ。これもブッフェ形式でいつもと同じだけど、なかなかいろんなメニューがあって楽しい。けど、まぁ、普通だ。驚きはない。でも、楽しい。

部屋からの景色。安いプランだから、眺望などはもちろん気にしない。一人一泊12,000円でボトルでワインを追加して合計33,000円だった。ワインも清見が5000円で、ビールを頼むより安いと思う。

最近、思うのだけど。ビールを頼むより、ワインをボトルで頼んだろうが楽しいし、安くつく気がする。それによくわからん安いグラスワインより、自分の好きな、楽しそうなワインを頼んだほうが、翌日の体調も良い。

チェックアウトし、羊蹄山の横を通過し。小樽に。その前に積丹半島をめぐってみたが、ほんと何もない。岬まで行ったけど、ほんと何もない。襟裳岬もびっくりのなにもない。あるのは海鮮丼のみかな?

小樽に着く前に、余市でワイナリー見学だ。そして、ワインをしこたま購入して自宅に配送の手配をしておいた。

車なので、ワインではなく。ピノのジュースを飲んだ。

小樽を少し散歩。中国人がいなくなったら、ほんとさびれている。数年前とあまりにも違って活気がない。もちろん新型コロナで、観光に減っているのだろう。けど、中国人に頼りすぎると、京都と同じでだめだと思う。ホテルの数などはある程度で、増やさないようにしないと、食物連鎖と同じで、生態系が崩れることになる。

オーセントホテル小樽では、ホテル内のレストラン カサブランカをセットで予約しておいた。周りを探すより、ホテル内のほうが良いだろうと思ったからだ。結論、ここは良かった。ワインもちゃんとあった。今回は無難にブルゴーニュルージュだ。静かだったし、パテも良かった。魚料理もおいしかった。トータル非常にお得だった。今回の最後を締めくくる小樽の夜は非常に良いものになった。ホテルレストランに皆さん、ありがとうございました。

最後に、恒例の小樽駅までの散歩をした。北海道の夜は駅を見に行くのだけど、どの駅も列車が少なくて寂しいけど、列車が少ないからこその、味がある。さて、明日は関西に帰る。アリベデルチ ホッカイドウだ。

カテゴリー
観光

北海道旅行 2021年7月25日

Cabin帯広の朝ごはんも楽しすぎたが、この後に畑でトウモロコシを食べるので、少し控えめに。しかし、相変わらず下品な盛り付けになる。。。食べたそうなものを、適当に入れるとこうなったわけで、仕方がない。

30分くらいかけて、坂東農場に到着。ご担当者が2名いらっしゃって、どうも我々だけの参加のようだ。そ、そうなの?私としては最低でも6名くらいはいらっしゃると思ったけど、新しいことに挑戦する人って、案外といないんですね。

教えてもらったことで印象深いのは、土の中の細菌がポイントで、へんな菌が入ってくると農作物はだめになる。だから、どこを歩いたかわからない、我々の靴では農場に入ってはいけない。ちゃんと、その土地の細菌だけしかいない長靴で畑に入るのがポイント、あとは同じものを作り続けると農作物によくないので、何種類かの作物を場所を交互に変えて、植えていく。ジャガイモ、トウモロコシ、豆など場所を交代しながら作っていくのだそうだ。これも面白い。広い場所なので雑なことをすればいいのかと思うが、細かいことをする必要があるのだと感じた。

そして、銀の匙をみてから、採りたてのトウモロコシを食べるのが夢だったけど、取り立てで、その場で食べると本当に甘い。自然のものを現地現場で食べる事こそ、本当の贅沢だと思った。いや~北海道恐るべし!!!

一車線の高速道路って、どうなんと関西人は突っ込みそうになるけど、これはこれで案外と早い。あっという間にウポポイだ。

ウポポイは想像より、面白くない。もっと、面白くしたほうが良い。まぁ、ここは遊園地じゃないから仕方がないかもしれないけど、食べ物なんかに力を入れてほしい。

そして、私が旅で行く中で、この手のホテルに泊まることはほとんどないけど、今回はわざと観光ホテルに泊まってみた。金ぴかの金棒?素晴らしい内装。何部屋あるのかわからないくらいの部屋数・・

しかし、温泉が広くて、温泉で酒を飲めたのが楽しかった。日本酒をマスで660円だったかな。お盆に浮かべて露天風呂で飲んだ。これが楽しかったが。20時まで?だったかななので。15時くらいについて飲まないと夕食とぶつかるから、ちょっと困る。

では、夕食だ。バイキング(略奪者)形式?は好みではないので、会席形式だ。お酒は池田ワインの清見をチョイス。日本ワインは本当に優しい。飲み比べるとわかると思うが、優しいお味なんだ。

そして、会席は豪華だったが、やっぱりフレンチが良い。日本料理は素材を生かして勝負するから、味に違いが出にくい。素材が良ければ驚きがあるが、やはり、それには限界がある。フレンチは工夫があると、素材が同じでも違いがはっきり出る。シェフの時間が料理に現れると思う。

これまた、ほとんど一本を私が飲んだので、べろべろになってお部屋に帰った。いや~日本の巨大温泉ホテルは素晴らしい。こんど、ピーチで軽いタッチで千歳に行って、バスに乗りかえて第一滝本どんどん行きたい。70歳くらいになっても行けそうなのが良い。