カテゴリー
観光

北海道旅行 2022年7月20日(ニセコ→函館)

朝起きると、少し霧が出ているが。山だからだろう、実際には周りは晴れていそうだ。早速、朝の温泉に挑戦だ。二つある内の奥にある方(カラマツの湯)に挑戦した。こちらの方が、より開放的でよかったかな。

朝食もシンプルで良い。私は生卵が嫌いだけど、温泉卵だと聞いて、少し嫌いだけど食べることにした。やっぱりスクランブルエッグにしてほしい。

さて、チェックアウトして、横にある展望台からホテルを見ると、大浴場が丸見えです。特に男子の露天は丸見えです。見えても問題ありませんが、丸見えです。(笑)

この後は岩内町から寿都町に抜けて海岸経由で江刺にと思った絵けど、時間的に難しいようなので、国道5号線側に戻った。

これは寿都の道の駅、ここは良かった。

その後、順調に函館に向かい。レンタカー返却まで時間もあるので、函館山に上る。3回目というか、実際には10回くらい登っているが。久しぶりに上った。いつ登ってもきれいだ。

この後、レンタカー返却 合計1271キロ走ったらしい。ガソリンは70リットル11,623円とレンタカーは67,000円、高速代が2920円らしいので、車にかかった金額は82,000円程度みたいだ。1日1万円程度だろうか。カローラスポーツ4WDはいままでのヤリスなんかと比べるとパワーがありすぎる感じだった。

トヨタレンタカーから歩いて5分、フォーポイントバイシェラトン函館にチェックイン。これはマリオットの会員アプリから申し込んだ。マリオットに止まることはないのだけど、たまにリッツカールトン大阪のラベに行くので登録している。

函館駅も整備されて綺麗にっている。

さて、この旅行でぜひとも行ってみたかったレストランが五島軒だ。五島軒のフレンチに生きたかったのだけど、今回はこのレストランの本来の元祖にかかわるロシア料理にした。通常の洋食で来ている人とは違うフロアーに通された。洋食のフロアーはある程度混んでいたが、こちらのコース料理フロアーは私たちのみ。また、このテーブルセッティングも古くからのホテルのようだ。楽しそう!

ワインももちろん楽しみにしていた。リストを見ると抜け目ないリスト、ボルドーからブルゴーニュ、そしてニューワールドとそろっていた。私はもちろん、フレデリック エスモナン ジュヴレ・シャンベルタン 2018年だった。これがあれば十分楽しそうだ。

やっぱり、フレンチと違う、華やかな感じはなく。田舎くさい感じの料理になるけど、それはそれで非常に楽しいし、美味しかった。次はフレンチに挑戦したい。函館に来ても、朝の鈴屋さんと五島軒が無かったら、行くところが無い私でした。。 

その後、酔っぱらって、十字街の駅まで歩いた。なんとなくキリスト教の影響を受けている函館ならではの名称だ。

いつもの夜の駅を訪問して、ホテルに帰った。。明日は札幌に戻って終わりになる。